直葬(火葬)プラン 福祉葬儀0円 プラン

身寄りがない(孤独死・独居の方)

身寄りが誰もいない場合はどうすればいい?

近年ではご逝去(死亡)した際に、お葬式を執り行う家族・親族などの身寄りが誰もいない「孤独死」が、社会化現象にもなっております。

また家族・親族と疎遠になっていて身内がいたとしても、故人の引き受を拒否をする方も少なくありません。お一人暮らしで、誰にも看取られずに「孤独死」された場合、葬儀や費用はどうなるのか詳しくご紹介致します。

葬儀費用について

日本では法律上、火葬と埋葬は必ず行わなければなりません。

お葬式と執り行う遺族・親族がいない、ご本人の所持金で葬儀ができない場合、葬儀費用に関してはご逝去された場所の「自治体」に葬祭扶助を申請し、その範囲で火葬を行うことになります。

病院への故人様のお迎え、安置、役所への申請手続き、火葬まですべて弊社にて対応致しますのでご安心下さいませ。

遺骨について

火葬後の遺骨の一部は、火葬をした斎場にて「一定期間(1年目安)」保管され、保管期間内なら、遺族・親族が遺骨引き取ることも可能となります。

遺骨の引き取りに関しては手続きが必要となりますので、費用負担をした自治体に「遺骨引き取り依頼」の申請手続きをおこない、遺骨が保管されている斎場で遺骨を引き取る流れとなります。

また誰でも遺骨を引き取れる訳ではないので注意が必要です。遺骨引き渡しには「順位」があり遺族・親族などの血縁者が最優先されます。

ご友人の方などが遺骨引き取りを希望する場合、保管期間が過ぎて血縁者の引き取り希望者が誰もいない場合、保管猶予期間中なら遺骨を引き取ることができます。

孤独死に関してご相談

家主・弁護士・司法書士の方などで、孤独死された方の葬儀・火葬に関してお困りの方はご相談下さいませ。病院へのお迎えからお手続きまで、すべて弊社にて対応させて頂きいます。

電話で葬儀相談する
メールで事前見積もりを依頼する

各種ご案内

大阪市の生活保護葬儀は「あんしん葬儀」
プラン内容について
他社とは違う「5つのポイント」をご紹介します。
ご利用頂ける葬儀式場のご紹介です。
葬儀実例
あんしん葬儀の会社情報
よくある質問
自己負担プラン
対応エリアの紹介
葬送日記
サイトマップ
タイトルとURLをコピーしました